平成21年度 入賞作品
一般の部 写真をクリックすると拡大写真を表示します。
山口県知事賞 山口県地球人会議会長賞 水土里ネット山口会長賞
『夕暮れの帰路』
宇部市小野
幡生 佳彦(宇部市)
『楽しい収穫日』
下関市豊北町滝部
磯部 彰六(下関市)
『里山の春』
美祢市秋芳町
亀山 正生(山口市)
 暮れの押し迫った頃、鈴なりの残りの柿の木を見付け、撮影に取り掛かったら運良く野良仕事をおえて帰る人が通られたので、2〜3回行ったり来たりしていただいて撮影させていただきました。  少子化で子供の少ない中山間地、手伝いに帰り子供達も一緒になって賑やかで楽しい収穫日の様子を撮影しました。  里山の原風景を見ているようでした。
山口新聞社賞 中國新聞防長本社賞    
『先生も泥んこ』
川上小学校下の田圃
田村 幸雄(宇部市)
『川の恵み(早春)』
下関市豊北町粟野
谷山 昇(下関市)
 
 先生達も泥んこ遊びで大変だ。子供達の最高の笑顔で元気が出るでしょう。  風味の良さでは県下一品といわれる粟野川の青のり。
 近年、収穫量は減ったが、周辺の組合員たちが解禁日の朝、冷たい川に入り、腰までつかり、道具を使い、器用に川底をさらえ青のりを採集していた。
 身ぶるいしながらシャッターを切った。早春の風物詩の一つだ。
       
入 選 入 選 入 選 入 選
『玉ねぎの収穫』
山口市秋穂二島

永冨 賢治(宇部市)
『美しい花壇』
宇部市東岐波

大和 正憲(山口市)
『麦踏み』
下関市豊北町田耕

西島 昭夫(下関市)
でっかいぞ!!
下関市菊川町下保木

向井田 稔雄(下関市)
 広大な玉ねぎ畑で収穫作業が行なわれていました。
 下は収穫前の畑です。段ボール箱にいっぱいの玉ねぎを入れて中学生がお手伝いしています。
 地産地消をいつまでも。
 環境にやさしい美しい道。
 社会が明るく、人の心も癒される。
 雪の残る麦田。
 機械を使って麦踏み風景。
 毎年、村のレクリエーションとして、池干しが行なわれます。
 30〜40名の村人が一体となって、とても楽しい行事です。
 終わると魚はまた池に放します。
 魚は年々大きくなります。
入 選 入 選 入 選 入 選
『代かき』
周南市戸田四郎谷
井上 守(防府市)
『美竹林』
岩国市錦町
白本 博彬(岩国市)
『豊年ダンス』
宇部市東岐波
松永 常男(宇部市)
『元気で笑顔の農婦』
下関市豊北町
河野 サエ子(下関市)
 逆光に輝く水田。
 田植えに備え、代かきに精を出す人物を点景に写しました。
 岩国の美しさは、錦帯橋、春の桜だけではありません。
 美しい竹林内にも是非立寄ってみてはどうですか。
 秋になると案山子は大活躍です。
 稲の守りから、それがすんだら天日干しの守りまで。
 アングルを変えて、ハゼかけの下から写してみました。
 清流粟野川で早朝、アオノリ漁が行われ、元気で生き生きとした農婦に出会い、心が洗われました。
入 選 入 選 入 選    
『作業が進む大根づくり団地』
萩市むつみ
梅田 正一(周南市)
『清流に遊ぶ』
宇部市善和地区
内平 和子(宇部市)
『落日に映える』
宇部市西岐波床波漁港
広田 和夫(宇部市)
      
 大根づくりのうね作りとたねまきの作業を上からねらってみました。  小川にきれいなせせらぎがあり、仲むつまじく遊ぶ黒トンボ。
 これも、水や草木が農薬などで汚染されていないので、安心して子孫繁栄に勤しんでいれるのであろうと。
 また、たくさんの生物たちが、安心して繁殖出来ることを願ってやみません。
 3匹の蛸が夕陽に晒されて、冬の漁港風情を感じました。
 2週間程、寒風に干され食するそうです。
 珍しい引っ張り蛸に心和みました。
 夕日だけの灯りで雰囲気を大切にしました。