平成15年度 受賞作品
一般の部 写真をクリックすると拡大写真を表示します。
最優秀賞 優秀賞 優秀賞
『農婦』
油谷町
河野 サエ子(下関市)
『棚田の笑顔』
周南市中須
内山 和則(周南市)
『朝の河口』
粟野川河口
山根 秀雄(山口市)
  棚田の畦道でてんびんに苗を入れて田んぼにまいている農婦を撮影しました。  中須の棚田を撮影に行ったときの作品です。
 老夫婦が稲刈りをされていた際、モデルになっていただきました。バックの棚田(はぜかけ)が大変印象的でした。老夫婦のご苦労を思いつつ、いつまでも残していきたい風景だと思いました。
 3月まだ冷たい風の吹く早朝、決められたわずかな時間内で胴長を履き胸まで水に浸り「あおさ」とりをする漁民の姿が、逆光の中で大変印象的だった。
入賞 入賞 入賞
『川の恵みに生きる』
萩市あいば川
松本 喜代子(萩市)
『茶畠の丘』
宇部市小野
斉藤 勝美(山口市)
『活性化する棚田』
油谷町東後畑
 
藤井 國夫(下関市)
 雪降る寒い朝きれいなあいば川の水で野菜を洗って市場に出荷。手も足も感触がなくなるとの事。農家の人の苦労が私の心にジーンときました。  自然を活かしながら生産の効率化を図るべく整備された茶畑の美しさにひかれた。  初夏の休日油谷町東後畑で世界各国県内外より大勢の人が集まり棚田フェスティバルが開催された。 永年にわたり築きあげられた伝統的文化遺産ともいえる日本の棚田は大型化機械化する稲作農業の中で、多くの人々が豊な自然の恵みを受け、棚田の土や水と触れ合い米作りを再認識する事でこの素晴らしい景観を次の世代へ引き継ぐことの大切さを痛感させられました。
佳作 佳作 佳作 佳作
『夕ぐれと子供』
長門市内
赤羽 正吾(長門市)
『漁火』
油谷町
池永 俊昭(豊浦町)
『茶摘娘』
宇部市小野
亀山 正生(小郡町)
『刈り取りに急ぐ』
向津具半島
野間 幹雄(萩市)
佳作 佳作 佳作 佳作
『定規で田植え』
油谷町東後畑
串岡 妙子(下関市)
『冷え込んだ朝』
美東町絵堂
山根 秀雄(山口市)
『豊作』
山口市名田島
安武 努(宇部市)
『海を渡る神興』
豊北町二見漁港
藤永 知巳(油谷町)
佳作 佳作
『秋景』
小野田市
加藤 洋子(下関市)
『やまめのつかみどり』
下関市安岡町
三嶋 光(下関市)