*概 要*

食料・環境・ふるさとを考える
趣  旨  広く県民が農業・農村の大切な役割を理解し、これからの農業・農村のあり方を共に考え、支えあって山口県の農業・農村をふるさととして維持創造していくことを目的とする。そのために、イベントや情報の提供、地域活動への参加などを通じて広く県民に働きかける活動を行う。
設立の経緯  「地球人会議」は、食料・農業・農村の価値を見直し、都市と農村が共生する美しい田園社会を築くため、国民全体に共感の輪を広げていく活動。平成9年度より全国の都道府県土地改良事業団体連合会において地球人会議の活動を実施。その後、都道府県毎の地球人会議が順次設立。本県においては、本格的な活動の展開を図るために事務局から、行政、農業関係団体、マスコミ、消費者団体等各分野で活動されている有識者の方々にご賛同をいただき当初16名の運営委員により、平成11年3月25日「食料・環境・ふるさとを考える山口県地球人会議」を設立し現在にいたっている。
会 員 数 2,125名(平成14年度末)
事 務 局 〒753-0079
山口県山口市糸米2丁目13番35号
水土里ネット山口内
(山口県土地改良事業団体連合会内)
TEL(083)933-0033
FAX(083)933-0048



*山口県地球人会議*
*概要* *組織* *活動状況* *情報誌「のんた」*

          ≪ HOMEへ ≫