私たち(土地改良区・土地改良事業団体連合会)の愛称です。
 
“土地改良区”は、農用地・農業用水の保全にむけた農業農村整備事業への取り組み、土地改良施設の維持管理、効率的な農用地利用の推進など・・・を通じ、地域農業の発展や豊かな農村環境の実現にむけ設立されました。
 そんな“土地改良区”をより多くのみなさんに知っていただき、身近に感じてもらえる存在へとステップアップするために、
「21世紀土地改良区創造運動」が全国各地で展開されています。
 その一環として、これからの
土地改良区にふさわしい愛称を募集したところ、全国から22,000点以上の作品がよせられました。
 そんな多数の応募作品の中から、さまざまな分野の有識者などで構成された
「土地改良区の愛称を考える会」において検討を重ねた後に全国投票を行なった結果、“土地改良区”の果たしている役割に加え、わかりやすさ、親しみやすさ、呼びやすさ、覚えやすさなどから
          「(みどり)ネット」
                            
に決定されました。
  水ネット・・・地球10周分の水路ネットワーク
   “水”は農業用水や地域用水を表し、土地改良区は全国40万キロに及ぶ水路などのネットワークによって、農村の健全な水循環を形成し、農地を潤すことにより、安全で安心な「食」と「農」の基盤づくりを担うと共に、これが国民共有の財産である美しい農村の礎となっていることを、1人でも多くの国民および地域住民にアピールします。
  土ネット・・・資源循環のネットワーク
  “土”は土地や農地、土壌などを表し、農村で発生する有機性資源(集落排水汚泥等)の農地への還元など、廃棄物のリサイクルによる資源循環を通じ、循環型社会の構築に取り組みます。
  里ネット・・・農家・地域住民等のネットワーク 
   “里” は農村空間や農家・非農家の生活空間などを表し、人、物、情報のつながりにより、農家のみならず、地域住民や都市住民と連携(ネットワーク)して、「水」「土」「里」を創造し、都市と農村の共生対流を促進します。
 







私たち水土里ネットは、偉大なる先人たちが

血と汗のにじむ思いにより築き、守り続けて

きた農業・農村文化を、汚すことなく次世代

に継承するだけでなく、我々の永遠(とわ)

の誇りとするべく、新たな農業・農村づくり

という険しい頂に向かい歩を進めています。


自然環境との調和、子どもたちや地域住民と

ともに取り組む農業・自然体験学習の実施、

多面的機能支払交付金制度に代表される

豊かな心身を育む都市と農村の交流など…。

水土里ネットは、熱い魂が宿る者たちに

より、まだ見ぬ農業農村新時代へといざなう

ための新たな日本の誇り高きネットワーク!